13年落ちの軽自動車が売れない理由

新車購入、初年度登録より13年経過した軽自動車、車検回数が6回目以降の軽自動車が13年落ちの軽自動車です。

 

軽自動車の中古車は、軽自動車の耐久性、需要の増加により、車種モデルによっては、10年落ちでも価格がつくことも多くなっています。

 

一方で、軽自動車は、13年落ちになると中古車でも売れなくなる、買われなくなると言われます。

 

その理由の1つが、軽自動車の税率のアップです。

 

軽自動車の乗用車の軽自動車税は、10800円です。それが、13年以降の軽自動車には、12900円に上がります。

 

ただ、平成27年4月よりそれまで7200円だった乗用の軽自動車税が、10800円に増額されたことで、差額は、2100円になっています。

 

それほどの負担ではありませんが、ユーザーの心理的なこと、13年という経過年数が、13年落ちの軽自動車の中古車の需要は、少ないといえます。

 

自動車の修理をしている方に聞いたことがあるのですが、最近の自動車(軽自動車も含む)は、10年くらいでは、壊れない、不具合もしっかりメンテナンスやオイル交換をしていれば、問題ないと言われていました。

 

実際、私も軽自動車を13年、15万キロ乗ったことがありますが、不具合は殆どなく、エアコンの不調ぐらいでした。

 

それでも、経年による、サビやガタツキは、出てくるのが自動車でもあります。

 

自動車は新しい方がいいに決まっていますが、中古車の場合、メンテナンスや乗り方で大きく程度が変わるのも確かです。

 

13年という区切りは、軽自動車税の増税にあるといえますが、中古車店の査定価格も13年落ちの軽自動車は、ほとんど出ないというのが現状です。

 

 


13年落ちの軽自動車でも売れるモデルと廃車という選択

13年の軽自動車でも、もちろん売れるモデルもあります。

 

特に特注な軽自動車、軽スポーツカーやオープンカー、オフロードカーです。

 

ダイハツのコペンやホンダのビートやスズキのジムニーなどです。

 

ただ、13年落ちでも売れる軽自動車、買い取りしてもらえる軽自動車は少ないといえます。

 

では、13年落ちで売れない軽自動車はどうするのか?

 

廃車ということになるかも知れませんし、1万円ほどなら買い取りしてもらえることもあります。

 

また、買い替えの場合は、引取してもらえるというケースもあると思います。

 

13年も乗った軽自動車を売りたいと思う方は少ないと思います。

 

しかし、廃車するにしても廃車手続きなども面倒で、お金もかかります。

 

価値がほとんどなくなった13年落ちの軽自動車の処分は、買い替えなら購入する自動車販売店に引き取りや少ない金額の値引きなどで対応してもらうのがいいと思います。

 

もちろん、廃車にするような車でも1万円などで買い取りしてくれる業者もありますが、手間などを考えると、買い替えでそのまま、車を引き取りしていただけるならその方がいいと思います。

 

ただ処分するなら、廃車の買取を利用すれば、最悪でも無料での引取は可能です。

 

自分で、廃車手続きや車の処分をすることを考えれば、廃車買取の利用がおすすめです。


管理者情報 免責事項
  このエントリーをはてなブックマークに追加