軽自動車が上手に売れば相場よりも10万円高く売れる

軽自動車は、中古車で売却する際でも比較的高値で売れる車種、モデルが多く、積極的に買取してくれる中古車店や車買取店なども多いですね!

 

軽自動車の中古車は、年式が新しく人気のある車種、モデルはもちろん、ほとんどの軽自動車がディーラー査定よりも中古車店などの査定の方が有利で査定価格、買取価格にもよりますが10万円以上の差になることも珍しいことではありません。

 

軽自動車を売却する際には、その軽自動車の中古車買取相場よりも高く売ることを目指せば、ディーラー査定や下取りよりも10万円以上高く売ることにも繋がると思います。

 

50万円以上の査定価格の軽自動車は、上手に売ればディーラー査定や安値の査定業者よりも10万円以上の上乗せは可能かと・・・

 

中古車市場で売れやすい車は、ディーラー査定や下取りよりも積極的な金額で買取してくれる業者も多く、軽自動車は特に中古車としての流通効率も良いので少し高値で買い取りしても利益が出やすいので買取価格、査定価格も上乗せしてくれる業者も多いと言えます。

 

ですので、軽自動車の中古車査定は、ディーラーや積極的にその車種、モデルを買取していない業者よりも売却する軽自動車の車種やモデルを積極的に買取している業者に売却する方が高値で売れやすく、その差額も10万円以上になることも珍しいことではないですね!

軽自動車を10万円高く売るためにあなたが出来ること

軽自動車の買取価格、査定価格は、それほど業者によって差がないというのが現状です。

 

新車価格もそれほど高額でない軽自動車は、300万円以上の普通乗用車を売るのとは訳が違います。

 

新車価格300万円の車を3年後に売却して半値で売れたとしても150万円です。

 

査定価格が150万円の中古車なら上手に売れば10万円の前後など普通にあります。

 

これが軽自動車になると100万円から200万円の新車価格の車種、モデルがほとんどです。

 

200万円の軽自動車なら3年後の売却で半値でも100万円ですから10万円の差額は期待できます。

 

ただ、ほとんどの軽自動車の査定価格は、100万円以下です。

 

その査定価格を10万円アップとなると10%とアップしてもらうことになります。

 

軽自動車の中古車販売価格は、それほど高くないこと、それほど査定価格から

 

上乗せして販売できないことから考えると10万円アップの売却は難しい車種、モデルが多いのも事実です。

 

ここでは、軽自動車の査定で目指せ10万円アップとしてあなたが出来ることを紹介したいと思います。

 

 

まず、売りたい軽自動車をディーラーに査定に出すことから始めるのですが、ただ単に査定に出すのではなく

 

少しでも高く買取してもらわなければいけないので、査定に出す前には、洗車、清掃は行ってください。

 

次に、何らかの改造やカスタムをしている場合は、できるだけノーマルのパーツに戻しましょう!

 

ステッカーなども貼っている場合は、剥がせるのであれば剥がしてください。

 

これぐらいは、最低でも査定に出す前にはチェックが必要です。

 

それでは、ディーラーに車を持って行って査定してもらうのですが、

 

大体、同じような年式の車が中古車で販売されているのかも調べておいてください。

 

ディーラー査定では、それほど注意することはありませんが、出された査定価格では売らないことです。

 

ディーラーの査定価格がわかったところで、その査定価格よりも10万円高く売ることの始まりです。

 

 

まずは、ネットの車買取一括査定サイトへ登録してください。

 

登録したらすぐに登録した車を買取したい業者から連絡がたくさん来ると思います。

 

買取に積極的そうな業者、3社、4社程度に出張査定を希望しましょう!

 

その際に重要なのが、出張査定の際に同じ日、同時刻にすべての業者に来ていただき、

 

査定してもらうことで時間的にも査定の優位性も取ることが出来ます。

 

同じ時刻に複数の業者の査定を取ることで、一番高く買取してくれる業者をすぐに

 

わかりますし、中古車で売れやい軽自動車なら競争入札で高値査定が期待できるので、

 

ディーラー査定よりも10万円高く売れる確実が上がると言えるでしょう!

 

ここまでで出来ないことはないと思います。

 

これで、あなたの愛車がディーラー査定よりも10万円高く売れない場合は、

 

ディーラーの査定価格が高い価格だと言えます。

 

 

 

軽自動車の売却で10万円にこだわる必要なし

軽自動車の売却、査定で10万円アップできれば良いですよね!

 

しかし、もともとの価格がそれほど高くない軽自動車の売却であまり高望みはしない方が上手くいくこともあるのではないでしょうか?

 

軽自動車は、中古車でも人気の車種、モデルが多く中古車として売りやすいことが価格的にも中古車店でも積極的に買取している業者も多く、買取相場は安定している車種が多いのも事実です。

 

しかし、どの業者、ディーラーでも軽自動車の査定はそこそこ高めの価格を出してくる業者も多く、そこから10万円アップで売りたいと思ってもなかなか難しいのが現状だと思います。

 

10万円アップにこだわるもの目的があっていいのですが、軽自動車を売却する際に大事なのは損をしない売却だと思います。

 

そのためにも売りたい軽自動車の中古車買取相場というのは知っておきたいですね!

 

中古車買取相場よりも高く売ることが出来れば、10万円アップなどにこだわる必要もなく、損をしない買取価格で売ることが出来るのではないでしょうか?

 

確かに、5万円や10万円という数字を挙げれば、得をした気分にはなりますが、最初の価格に設定次第で金額も違ってくるのだから、10万円アップなどにこだわらず、まずは、売りたい軽自動車の買取相場を調べて、その金額よりも少しでも高く売ることが出来ればいいのではないでしょうか?

 

その結果が、10万円アップに繋がれば、それに越したことがないと思います。

軽自動車を10万円高く売るには、5年までに売るのが原則

軽自動車は、リセールバリューが高い車種が多いと言われますが、それは5年後、5万キロまでに売却した際の話です。

 

軽自動車が中古車で高く売れるのは、5年落ち、5万キロ以下までで、それ以上になるとほとんどの軽自動車の車種、モデルで中古車販売価格、中古車としての価値が激減します。

 

新車価格が、150万円前後の軽自動車でも5年落ち、5万キロ以上走行すると、50万円以下になることがほとんどで、50万円程度の査定価格から10万円アップすることは至難の業だと言えます。

 

難しいですよね!

 

軽自動車を10万円高く売るためには、ある程度の査定価格のある軽自動車、中古車市場でも人気があり、売れやすい軽自動車である必要があると思います。

 

例えば、人気のハイトワゴン、N-BOXやタント、スペーシアなどは、軽中古車としても人気が高く、売れやすい車種、モデルで年式が浅い、走行距離が少ない中古車なら売れ筋ですので、中古車店なども比較的、高値で買取してもすぐに売れるので買取価格を多少高めで買取してくれるケースも少なくなく、10万円アップも可能なモデルだと言えます。

 

逆に、普通に軽自動車、ミラやアルトなど新車価格も抑えられたモデルは、5年までの売却してもそれほど高く売れない車種、モデルで、5年以上になると10万円以下になることもあるような軽自動車を10万円高く売ると言っても無理があります。

 

極端な話ですが、軽自動車ならなんでも中古車で高く売れるということはなく、人気があって中古車での需要が多い車種、モデルでないと中古車店、車買取店などもあまり積極的な金額では買取してくれないので、相場よりも10万円高く売ることなど無理になってきます。

 

軽自動車を高く売りたい場合は、新車購入から原則、5年まで、走行距離は5万キロまでに売却することをおすすめします。

 

5年、5万キロまでの軽自動車の中古車なら買取したい業者も探しやすいので買取価格にアップも見込めます。

 

買取したい業者が多ければ、高値で売れやすくなります。結果、相場よりも10万円アップも可能だと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加