10年落ちの軽自動車の中古車売却

軽自動車は中古車市場では人気や需要が高い車種も多く比較的中古車買取査定価格は付きやすいリセールバリューが高い車が多いですね!
しかし中古車として10年落ちの車はほとんど価値がなくなると言われています。特に軽自動車はエンジンも小さく消耗が激しくなるので10年落ちや10万キロ以上走行の中古車は中古車市場では需要が極端に少なくなります。

 

最近の軽自動車は性能も向上したことなどから10年落ちでも程度良い中古車は、値段が付きやすく、買取価格も期待以上の価格が出ることも少なくなくなっていると言われています。
それでも10年落ちの軽自動車を査定に出せば、良い返事を聞くことは少ないと思います。ディーラーはもちろん、中古車店や車買取業者でも年式的に不利な中古車を積極的に買取してくれる業者は少ないと言えます。

 

ですので、希望価格、期待している査定価格よりも大幅に低い価格での買取閣下うの提示も多く、ほとんど諸費用くらいの価格で買取されることも少なくありません。

中には、10年落ちの軽自動車でも十万円以上、数十万円になる車種、モデルもあります。ですので10年落ちの軽自動車だから売却は無理とあきらめないで、まずはネットの車一括査定サイトで登録してみて、問い合わせが来るのかを確かめてください。
登録後、連絡が来れば買取可能だという事なので、無料出張査定など現車確認後に査定価格を出してもらい、ネットくできれば売却になります。
逆に車一括査定サイトに登録しても問い合わせがない場合は、買取してくれる業者がないという事などで、廃車などを考えることになります。
廃車する際にも廃車手数料などが必要になることもあるので、廃車手続きと引き取りを無料、もしくは1万円ほどで引き取りしてくれる業者もあるので、廃車手続き+1万円ならお得ではないでしょうか?
自分で廃車手続きして車を処分するのは手間も時間もかかります。廃車手続きも代行してくれる業者で車の引き取りもしてくれる業者ならそちらで処分する方が良いと思います。

 

10年落ちの軽自動車の処分、売却は、その車種や程度にもよりますので、まずは、売ることから考えてネットの車買取一括査定サイトで査定依頼してみて、買取可能か調べてみて買取可能なら売却すればいいですし、買取の問い合わせがなければ廃車などの処分も考えなければいないと思います。

 

10年落ちの軽自動車売却に利用したい車買取査定サイト


10年落ちの軽自動車でも売ることが出来る走行距離に注目

10年落ちの軽自動車でも売ることが出来ますが、10年経っている軽自動車で1年に1万キロ走行したとして10年で10万キロ走っている計算になります。

 

軽自動車に限らず、中古車としては走行距離は査定価格に大きく影響します。年式よりも走行距離が需要になることも少なくなく、走行距離が多いことで査定価格はマイナスになります。

 

特に10万キロ以上の中古車は、中古車店でも販売しにくい中古車として無理に買取しないことが多く査定に出しても思うような価格で売ることが出来ないことが多いですね!

 

10年落ちの軽自動車でも売れる車種やモデルもありますが、軽軽自動車税も初年度登録から13年以降で上がります。13年落ちの軽自動車は、ますます中古車としての価値が下がると言えます。

 

ただ、10年落ちよりも10万キロ以上走行している軽自動車の方が中古車として価値がなくなる、査定価格が低くなると言われています。

 

ですので、高年式の軽自動車でも走行距離が少なければ、若干有利な査定で査定価格も付きやすくなります。

 

10年落ち、10年以上経った軽自動車でも売れますが、走行距離が10万キロを超えていると極端に売却が難しくなるも事実です。過走行車の軽自動車は年式が浅くても嫌われる傾向にあると言えます。

 

10万キロ以上走行した軽自動車買取を参考に