軽自動車の走行距離による査定価格への影響

軽自動車は、中古車査定では有利な売却が出来る車種、モデルが多く、ほとんどの軽自動車の中古車査定はリセールバリューが高く高く売ることが出来ることが多いと言えます。

 

しかし、軽自動車の中古車は高く売れやすいと言われますが、例外もありますよね!

 

例えば、年式の割りに走行距離が多い軽自動車の中古車などです。

 

走行距離が中古車査定に与える影響は大きく、年式よりも素行距離が査定価格に影響することも珍しくありません。

 

中古車市場での走行距離の目安は、1年で1万キロで計算されることが多いと言えます。

 

3年後の軽自動車の売却では、走行距離が3万キロまでなら合格点でマイナス査定にはなりにくいと言えますが、3万キロを超えている場合、マイナス査定になりやすくなりますが、走行距離が5万キロまでの中古車ならそれほど査定価格への影響も少ないという結果が多いようです。

 

逆に年式に関係なく軽自動車の中古車で5万キロ以上の走行距離の中古車は査定価格が渋くなる傾向にあります。

 

軽自動車の性能やエンジンの耐久性は、十数年前に比べてすごく向上しています。

 

以前の軽自動車なら走行距離が10万キロを超えると故障や不具合も多くなっていたと思われますが、最近も軽自動車は、10万キロを走行してもメンテナンスさえしっかりしていれば、故障や不具合も少なくなっています。

 

しかし、中古車となると、軽自動車の場合、普通車よりも走行距離には敏感になる傾向にあり、10万キロ走行した軽自動車の中古車は、販売が難しくなるので、中古車店、車買取店の査定や買取も渋くなると言えるでしょう!

 

軽自動車の中古車査定で走行距離が査定価格に与える影響は大きく、軽自動車の場合、年式を問わず5万キロを超えたあたりから査定価格への影響が大きくなる傾向にあります。

 

中古車業界では、1年に1万キロの走行が基準になると言われますが、軽自動車の中古車も同様に1年で1万キロが基準になります。

 

ただ、多走行の軽自動車は、中古車として売れにくくなることから買取業者の査定価格は普通車よりも低くなることも少なくありません。

 

軽自動車の中古車査定は走行距離が大きく影響すると言えます。


走行距離が多い軽自動車を少しでも高く売るコツ!

軽自動車の中古車は、走行距離が多くなれば査定価格、買取価格が下がることはお分かりいただけたと思います。

 

最近は、軽自動車、普通車共に中古車市場では走行距離が販売価格に反映されることが大きくなっています。

 

年式はもちろん、中古車販売価格に影響する項目ですが、走行距離は、年式よりも影響することが大きくなっています。

 

ですので、走行距離が多い軽自動車の中古車査定は、査定価格が出にくく売却の際には安く買われることも多いと言えます。

 

しかし、過走行、走行距離が多い軽自動車でも少しでも高く売ること、高く売れる査定方法で1万円〜10万円のアップが見込めることもあります。

 

走行距離が多い軽自動車でディーラー査定などではあまり良い返事がもらえなかった中古車でも、上手な査定でディーラーよりも高く売ることは可能だと思います。

 

まずは、売却する軽自動車の買取を希望する業者を探すことから始めることが重要です。

 

その為にもネットの車査定サイト、特に複数査定が1度に依頼できる車一括査定サイトの利用は必須です。

 

車一括査定サイトなら、走行距離が多少多い軽自動車の中古車でも買取したい業者を探すことが出来ます。

 

もし、車一括査定サイトの登録して複数の業者から買取依頼、査定依頼が来たのなら高く売れる確率が上がります。

 

過走行の軽自動車の査定は、複数業者の査定依頼が出来る車一括査定サイトで査定をするのが基本です。

 


10万キロ以上走った軽自動車は売れないの?

軽自動車の中古車は、走行距離が査定価格への影響が大きく、10万キロを超える軽自動車の中古車となると査定価格への影響が大きくなりますよね!

 

10万キロの軽自動車の中古車査定は、想像以上に安くなることも少なくなく、査定に出してがっかりすることも少なくないと言えます。

 

年式や車種、モデルによっては、ほとんど買取価格が付かないこともありますね!

 

10万キロで10年落ちの軽自動車の中古車の売却は厳しくなると言えます。

 

ただ、5年落ちなどで10万キロ走行の軽自動車の場合、多少の査定価格は期待できると言えますが、同じ年式の5万キロ程度の走行距離の軽自動車の査定価格と比べても安さは目立ちます。

 

中古車市場では、10万キロと言う走行距離は、購入者にとっては目安になる走行距離で程度やメンテナンスがしっかりされていて調子のよい中古車でも10万キロ走っていれば、購入されないことが多いと言えます。

 

中古車販売店にしても10万キロ走行した中古車、軽自動車は、売れにくい、売れにくいということで買取には消極的な業者が多く、安い査定しか出ないことが多くなります。

 

10万キロと言うのは、軽自動車の中古車に限らず、ほとんどの中古車で査定に不利になることは間違いなく、買取価格は期待以下になることも少なくないですね!

 

少しでも10万キロ以上走行した軽自動車の中古車売却で高く売りたいのであればこちら→10万キロ以上走行した軽自動車買取を参考にしてください。


  このエントリーをはてなブックマークに追加