軽自動車の廃車

軽自動車は、中古車でも需要が高く、経費が安いことから年式が古くても需要があることも多く、ほとんどの軽自動車は売ることが可能だと言えます。

 

ただ、軽軽自動車でも走行距離が多い場合や13年落ち以上の軽自動車は、買取してくれる業者がなくなる車種も多くあります。

 

そのような場合、廃車にする必要があります。

 

軽自動車を廃車にせずにそのまま、放置した場合、毎年軽自動車税の納付が必要になります。

 

軽自動車税の納付金額

/ 初年度登録から13年まで 初年度登録から13年以降
軽自動車

(自家用乗用)

10,800円 12,900円
軽自動車

(営業用乗用

6,900円 8,200円
軽自動車

(自家用貨物)

5,000円 6,000円
軽自動車

(営業用貨物)

3,800円 4,500円

 

軽自動車は乗らなくても年間以上の軽自動車税の納付義務があります。

 

また、13年目以降からは軽自動車税も増税されるので注意が必要です。

 

このことからも軽自動車の中古車は、初年度登録から13年以上経過した車は売れにくく、買取も難しくなります。

 

特に10年以降の軽自動車で走行距離が10万キロ以上、程度が悪い場合、ほとんど査定が付かないと言えます。

 

その場合、廃車にするという選択になります。

 

ただ、軽自動車を廃車にするためには廃車手続きや処分する軽自動車の引き取りなどが必要になります。

 

自分で軽自動車を廃車にした方が、廃車手続き費用などを節約できると思われる方がいますが、これは多分、間違いです。

軽自動車の廃車を無料でする方法

軽自動車の廃車も自分ですれば安く済むと思われている方に

 

まず、軽自動車を廃車にするためには、書類を軽自動車協会に提出することになります。

 

軽自動車を廃車にする場合の書類などはそれほど難しいものではありませんが、手間はかかりますね!

 

軽自動車の廃車で一番、問題なのが、廃車にする軽自動車を解体やなどに持っていきナンバープレートを外してもらい解体依頼する必要があります。

 

この際に、廃車にする軽自動車が自走できるのであれば、解体業者まで乗っていくことが出来るのでそれほど問題はありませんが、車検切れや故障などで廃車にする場合が多いと思いますので、自走で解体業者まで乗っていくことが出来ないことがほとんどだと思います。

 

その際には、廃車にする軽自動車を解体業者まで運ぶ手段、レッカーなどを依頼することになりますね!

 

レッカー代って意外に高いので、これだけでも大きな持ち出しになってしまいます。

 

自分で軽自動車を廃車にすれば、節約できると思っていたのに、これでは本末転倒になってしまいます。

 

 

そこで当サイトでは、軽自動車の廃車を無料で出来る方法を探しました。

 

軽自動車でも廃車にするようなぼろい車を買取してくれる業者は少ないと言えます。

 

車査定サイトなどに登録しても年式や車種などによっては、まったく連絡がない場合や引き取りを断られることもあります。

 

軽自動車の中古車は売れると言われていますが、どんな軽自動車でも売れるとは限りません。

 

廃車にする必要がある軽自動車もあります。

 

その際に無料で廃車にする方法として、廃車の買取という業者をおすすめしています。

 

ほとんどの車、廃車にするような車でも無料で引き取りに来てくれ、廃車手続きも無料で代行してくれるサービスです。

 

車種によっては、1万円、2万円くらいで買取してくれることもありますので、自分で持ち出しで廃車をするよりは得ですね!

 

そのサービスがこちらです。

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加