ローン中、ローン残のある軽自動車の売却

ローン中、ローン残の車、軽自動車の売却をお考えならまずは、確認して頂きたいことが一つあります。
車検証をご用意頂き、「所有者の氏名又は名称」という項目を確認して頂き、ここも項目が自分名義になっていれば問題ありませんが、自分名義以外の場合は、売却の際に少し手間がかかります。

 

自動車、軽自動車を購入された際に銀行ローンや自動車ローンで購入された場合は、ほとんどが自分名義になっていると思いますが、購入の際に信販会社やディーラーのクレジットを利用してで購入された方はの中には、名義が信販会社やディーラーの会社名義になっている方もあると思います。

 

自分名義のの場合ですとローン中、ローン残のある軽自動車の売却は問題なく行うことが出来ますが、名義が信販会社やディーラー名義など自分以外の場合は、自分名義に変更しなければ売却することが出来ないです。

 

名義が自分でない場合は、信販会社、ディーラー会社名義になっている場合、いったんローンを完済する必要があります。一度ローンを清算して保有者留保の手続きをしてかでないと売ること、売却することはできません。

 

軽自動車の場合、ローン残の金額もそれほど高額になることもないのでローン清算、保有者留保もそれほど難しくないと思います。

 

ローン中、ローン残のある軽自動車の売却方法は以上のパターンになると思いますが、売却後にローンが残ることもありますので少しでも高く売ることも重要ですよね!

 

軽自動車は、中古車市場では需要が高い車種も多くローン中の軽自動車なら年式も新しいと思いますので高く売ることが可能です。ディーラー査定よりも車買取業者や中古車販売店などの方が高値の査定が出来すと言われています。
そこで当サイトでは、軽自動車を高く売る方法として車買取一括査定サイトをおすすめしています。特に軽自動車の買取に強い車買取一括査定サイトを掲載していますのでよろしければ一度、愛車の買取相場を知る為に利用しても良いと思いますよ!

 

軽自動車の買取に強い車買取査定サイト


ローン中の軽自動車の売却の注意点

ローン中の軽自動車を売却する際の注意点、損をしない為の売却方法などを書きました。

 

ローン中の車の売却は、何らかな理由があると思いますが、ローン残の金額によっては、車の売却後もローンが残るケースもあると思います。

 

軽自動車のローンの場合は、それほど軽自動車の売却後にローンが残ることは少ないと言えますが、それでも下手に売却すればローンだけが残ることになります。

 

また、ローン中の車の売却では上記でも書きましたが、名義などの問題も出てくると言えます。

 

ローン中の軽自動車でローンで購入された方の中には車検証の名義、使用者の名称が自分ではない、信販会社やディーラーなどの場合もありますね!

 

この場合、ローンを完済して自分の名義にしてからでないと売却は出来ないですね!その場合、ローンを完済するための現金があれば問題ないと言えますが、ローン完済のための現金を用意出来ない場合もあると思います。

 

その場合は、ローンの組み直しなどの手段もありますが、あまりおすすめできません。

 

ローン残がある軽自動車の場合、

 

売却価格=ローン残

 

の場合なら売却してもローンの完済が出来るので問題ないと言えますが

 

売却価格<ローン残

 

の場合は、ローンが残ってしまうので、注意が必要です。

 

ローン残やローン中の車、軽自動車の売却の際には、査定価格、買取価格とローン残積が重要になると言えます。

 

ローン残積が売却価格よりも少ないこと、その条件が当てはまらない軽自動車の売却は、少し踏みとどまる勇気もいるかもしれません。

 

次に、ローン中の軽自動車を売る際に査定に出すと思いますが、ローン中の車を売るというのはよっぽどの理由があると思われることで査定価格が低くなることも少なくありません。

 

ですので、ローン中の軽自動車を査定に出す際には、少しでも高く売る為にローン中の車も買取が可能な業者に査定に出すことも需要だと言えます。

 

※ローン中の軽自動車を高く売りたい
※ローン中の車の買取を希望

無料車一括査定

中古車売却、高く売る方法として多くの方が利用、満足している方法が無料車買取一括査定サイトです。
特に人気車種は高く売る事が出来ます。あなたのハイエースを中古車買取相場よりも高く売ってね!