このエントリーをはてなブックマークに追加  

10万キロ以上走行の中古車

中古車市場では、走行距離というのは年式と同じようにその車の査定に大きくかかわる要素です。
特に過走行車、10万キロ以上走行した中古車は需要が激減することから買取を断られることもあるくらい重要な要素になりますね!

 

10万キロというと過走行に思われますが、1年に3万キロ走行するだけで3年ちょっとで10万キロを超えてしまいますよね!毎日車を使う方なら年3万キロは乗るのではないでしょうか?

 

10万キロの過走行車と言っても年式や車種などでも中古車としてのとらわれ方が違ってきますね!最近の自動車は性能的に言えば10万キロ走行していたとしも故障などのリスクも少なくなってきていると思います。
しかし、昔から中古車市場では10万キロを区切りに価値が下がるのは事実でもあります。

 

10万キロ以上走行した中古車の売却をお考えなら出来るだけ多くの業者に査定依頼することをおすすめします。
過走行車の査定価格はマイナス査定になりますが、業者によってはそれほどマイナスにしない業者もありますので、査定価格の幅も大きくなることも多くあります。
過走行車の複数査定なら車買取一括査定サイトが便利ですので是非、当サイトとおすすめの車買取一括査定サイトをご利用ください。完全無料でご利用頂けるサービスだけを紹介しています。


軽自動車の10万キロ走行車の中古車

軽自動車は、排気量、エンジンが660ccという規制がある為に、走行時に高回転でエンジンを回します。その為、エンジンへの負担は普通車に比べても大きく、走行距離で中古車としての価値も変わるケースが多いですね!

 

特に軽自動車で10万キロ以上走行した中古車の査定を出した際は、過走行は査定価格に大きく左右される要素になることが多いと言えます。
過走行の軽自動車も年式や車種によって中古車買取価格は大きく変わりますが、どの車種、年式でも不利になることは間違いありません。
中古車の場合、だいたい5万キロ以上で少し価値が下がり、10万キロを超えた時点で大幅なマイナスになるようです。軽自動車は特に10万キロ以上走行した中古車は売却しにくくなります。
特にディーラー下取りや査定では、10万キロ走行で大幅なマイナス査定になることも多く、予想していた価格より大幅なダウンも覚悟しなければいけにと思います。

 

そこで、当サイトでは、過走行車の軽自動車、10万キロ以上走っている軽自動車の中古車の査定を有利にする方法として車買取一括査定サイトがおすすめです。
簡単な登録だけであなたの車を探している業者を探すことが出来き、しかも複数の業者の査定依頼が1度に出来るので過走行車の軽自動車も中古車買取相場よりも高く売ることが出来るかもしれません。

 

軽自動車の買取に強い車買取査定サイト


10万キロ走行の軽自動車の中古車は売れるの?査定は不利?

10万キロと言えば、中古車としての価値、査定が少なくなる走行距離です。

 

中古車市場では、10万キロ以上走行している中古車は、売れにくく

 

安値で販売することになるので、査定価格、買取価格が高くなることはありません。

 

 

では、軽自動車で10万キロ以上走行した中古車の査定はほとんど買取価格がなくなるのでしょうか?

 

最近の軽自動車は、10万キロ走行してもエンジンや動力機関の故障などは少ない、ほとんどないと言われますが。

 

中古車として販売する際に、年式が浅くても10万キロ走行した軽自動車の中古車は売れにくいのが現状です。

 

 

ですので、10万キロ走行した軽自動車の中古車は年式を問わず、査定価格、買取価格は、同車種、同年式の

 

中古車査定よりも相当低くなると言えます。

 

5年落ちの軽自動車で3万キロの中古車と10万キロの中古車を査定に出した場合

 

20万円、30万円の査定価格の差は普通で、中には40万円以上の差が出ることも考えられます。

 

軽自動車の中古車の場合、年式よりも走行距離が査定や買取に影響することが大きく、10万キロ以上走行の

 

軽自動車の中古車は、人気車種でも査定価格、買取相場は減額されます。

 

 

10万キロの軽自動車の中古車が売れないということはありませんが、査定に際には走行距離の査定価格への影響は大きく

 

安値でしか売ることしかできないことは覚悟してください。

 

10万キロの軽自動車の中古車を査定に出す際でもまずは、複数業者の査定が取れる車買取一括査定サイトを利用して

 

買取してくれる業者、査定をしてくれる業者があるのかを調べてください。

 

査定してくれる業者から連絡があれば、少しでも高く売ることも可能だと言えます。

10年落ちに軽自動車よりも10万キロの軽自動車の方が査定価格が出ない?

軽自動車は、走行距離に敏感で中古車市場でも年式よりも走行距離を重視することも多いと言えます。

 

軽自動車は10万キロを超えると中古車としての価値、需要が極端に低くなります。

 

軽自動車の需要のほとんどが国内だという背景からも10万キロ以上の走行は中古車として販売しにくいと言えます。

 

普通車の場合、海外への輸出も視野に入れた買取なども期待できますが、軽自動車の場合、国内での販売が基本となることから走行距離が多いと買取に消極的になります。

 

その指標の1つが、走行距離です。軽自動車の走行距離で10万キロはボーダーラインで、10万キロ以上の軽自動車の中古車の査定はマイナス率が高く、年式や車種に人気によってはほとんど買取価格が出来ないというケースもあります。

 

軽自動車の中古車の10万キロと言うのは、思っている以上に売却の際にはマイナスになることが多く、10万キロを超えている軽自動車の中古車を積極的に買取してくれる業者も少なく、ネットの車買取一括査定サイトに登録したとしても問い合わせが来るのですが、査定価格や出張査定なども消極的な業者も多く、売却が難しくなることも多いと言えます。

 

普通車の10万キロも中古車としてはマイナスですが、軽自動車の方が、10万キロ走行にはマイナスになりやすく売却の際には注意が必要になると言えます。

 

ただ、ディーラーの下取りで0円や1万円の軽自動車でも車買取チェーン店や中古車店ではそれよりは高く買取してくれるケースもあります。


10万キロ走行の軽自動車を少しでも高く売れる車査定サイト

10万キロ以上の中古車の買取に実績が豊富
提携業者の中には、過走行車の買取業者あり
廃車や事故車の買取業者なら10万キロ車買取に期待

軽自動車なら10万キロ走行でも年式次第では買取
人気車種なら10万キロ走行でも査定価格が期待できる
提携している業者が豊富なので過走行車買取実績あり