ボロボロの軽自動車が売れた話

ボロボロの軽自動車?

 

ボロボロとは?

 

ボロボロと言われても人によってそのとらえ方は違いますよね!

 

 

ここでいうボロボロの軽自動車とは、見た目からボロく普通に走るのも困難な車、廃車にするような車のことです。

 

ボロボロの軽自動車が売れたというのも、普通では、相手にされないようなボロい軽自動車です。

 

15年落ちのバモスで、あちこち故障や修理、修繕が必要な20万キロ以上走っていた軽自動車です。

 

見た目はそれほどボロボロではありませんでしたが、中身は雨漏りやリアドアの金具が折れて開閉不可などなど

 

15年、20万キロも走れば、そこかしこと不具合が出てきますね!

 

もちろん、修理、修繕すればエンジンなどは問題なかったので乗ることは可能な軽自動車でしたが、売ることはできないと思っていました。

 

新車への買い替えのタイミングで下取りに出してみました。

 

答えは、1万円での引き取り、買取でした。

 

 

ま、廃車をすることを考えれば、そのまま下取りしてもらっても得なような気はしましたが、一応、もう少し高く買取してくれる業者がないのかを調べることに・・・

 

ネットでボロボロの軽自動車の買取などを調べ、廃車するような車でも1万円以上で買取してくれる業者があることや車種によっては、希少価値など高く売れる場合もあるということでしたので、車一括査定サイトに登録してみました。

 

結果は、買取希望の業者からは、電話は複数掛かってきましたが、詳しい状態を聞いた業者すべてが、1万円でしか買取出来ないとのことでした。

3万円くらいで買取してくれる業者があるのではないかと期待しましたが、無理でした。

 

しかし、廃車にするような軽自動車でも1万円で売れるのであればいいのでは?

 

軽自動車とは言え廃車にするには、手続き代行費用や車の引き取り費用なども持ち出しになることを考えれば、1円でもいいので買取してもらった方が得ですよね!

 

今回は、15年落ち、20万キロのバモスは1万円しかなりませんでしたが、それでもボロボロの軽自動車が売れたことには変わりありません。

 

はっきり言って、良くボロボロの車が、○○万円で売れたなどとありますが、特殊な車、希少価値などがある車などでない限り、高く売れることはありません。

 

なにせ、ボロボロの車を欲しがる業者はほとんどないのですから、車なら鉄などのリサイクルできる部分だけの値段でばらすにも手間とお金がかかるので、1万円から3万円くらいでしか売れません。

 

それでもいい方だと思います。

 

今は、鉄の値段もそこそこ高いので売れるのであって、鉄の値段が下がれば、ボロボロの車、軽自動車は、有料での引き取りになる時代も再び来るかもしれません。

ボロボロの軽自動車の処分、売却方法

ボロボロの車、不動車、故障車、事故車などの処分や売却方法としては、廃車にする手間や手数料を考えれば、いくらでもいいので買取してもらえれば買取してもらう方がいいと思います。

 

車の廃車手続きは、多少の金銭も必要ですし、廃車手続きを代行してもらえば、その費用も必要になります。

 

また、ボロボロの車、軽自動車の多くが自走できないことで引き取りしてもらう必要がある場合もあります。

 

その場合、引き取りに必要な費用はもちろん必要になってきます。

 

価値のある車なら無料で引き取りしてくれますが、廃車ということになれば、業者によってはレッカー代の請求もありますね!

 

そこで、当サイトでは、ボロボロの軽自動車の処分、売却方法をいろいろ紹介したいと思います。

 

新しい車への買い替えの場合の下取り

ボロボロの軽自動車を処分する場合、次の積車の買い替えのタイミングで処分する方も多いと思います。
その際にその車を下取りに出すという方法です。
車の購入が前提ですので、安くても1万円程度の下取りしてくれることが多く、車の引き渡しのタイミングでの処分が可能ですので手間もそれほど掛かりません。
必要な書類を、購入する自動車店、ディーラーに渡せば、後は手続きしてくれます。
ボロボロの軽自動車の処分としては一般的で他での処分でも同じような金額なら手間暇を考えれば、この方法がおすすめです。

 

ボロボロの軽自動車でも車査定サイトで査定に出してみる

ボロボロの軽自動車でもダメもとでネットの車査定サイトに出してみる方法です。
ボロボロの車でもたまに思っている以上の金額で売れることがあるので侮れません。
また、ネットの車査定サイトならそれほど手間もかかりませんし、ネットから登録するだけで無料で査定できるので、ディーラーや自動車店で0円や1万円程度の車でも査定に出してみることをおすすめします。

 

廃車買取専門店に売る

最近は、事故車や廃車の買取専門店なども多数あります。ネット上でも廃車買取などを探すことが出来ます。
廃車の買取ですのでボロボロの軽自動車でも幾らかでは買取してくれるようです。
自宅までの引き取り込みで1万円程度の買取価格になることも多いようですが、引き取りしてくれるなら幾らでもいいという方も多いと思うので、廃車買取もボロボロの軽自動車の処分方法としてはおすすめです。

 

 

その他のボロボロの軽自動車の処分

その他の方法としては、ボロボロの軽自動車でもまだまだ現役として利用できるのであれば、必要な方に引き取りしてもらう方法などもあります、フリマアプリや不用品の処分アプリなどを利用すればできますが、車の個人売買は、名義変更など自動車のことが詳しい方でないとトラブルなども起きやすいと言えます。
他には、知り合いへの売買などもありますが、ボロボロの軽自動車を知り合いに売るのは気が引けますね!
もちろん、フリマアプリなどで売るのは気が引けると言えるので、これらの処分方法はおすすめできません。

 


ボロボロの軽自動車でも高く売れることも

ボロボロの軽自動車といえば、年式が古い中古車がほとんどですね!

 

10年落ち程度ならボロボロの軽自動車と呼ばないことも多くなっています。

 

10年落ちの軽自動車でも普通に中古車として販売されていますし、程度の良い中古車も多くなっています。

 

ボロボロの軽自動車は、年式だけでなく今までの扱われかたも大きく影響してくると言えますね!

 

例えば、大事に乗ってこられていない車や洗車などをほとんどしていない車など年式以上にボロくなっている車も多くあります。

 

ただ、外見がボロくても中身の手度の良い中古車なら修繕などできれいになるので中古車として価値が出てきます。

 

しかしこのような軽自動車でも高く売れることはありません。

 

逆に年式以上に安い査定価格になります。

 

このようなボロボロの軽自動車でも高く売れることはありません。

 

では、どのようなボロボロの軽自動車なら高く売れるのか?

 

それは、古い軽自動車、20年以上たつような軽自動車ならボロボロでも高く売れることも多くなります。

 

古い軽自動車は、レストア目的で探しているマニアも多く、ボロボロでも現存していれば、高く売れることがあります。

 

また、アメリカの25年ルールをクリアー出来るような古い軽自動車、特に軽トラなどは高値で取引されているボロボロの軽自動車だと言えます。

 

少し特殊な事例ですが、ボロボロの軽自動車でも高く売れるケースも多くあるので、売れるかもしれないという期待で、ネットの車査定サイトなどを利用して試しの査定することをおすすめします。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加