ローン中、ローン残のある軽自動車の売却

ローン中、ローン残の車、軽自動車の売却をお考えならまずは、確認して頂きたいことが一つあります。
車検証をご用意頂き、「所有者の氏名又は名称」という項目を確認して頂き、ここも項目が自分名義になっていれば問題ありませんが、自分名義以外の場合は、売却の際に少し手間がかかります。

 

自動車、軽自動車を購入された際に銀行ローンや自動車ローンで購入された場合は、ほとんどが自分名義になっていると思いますが、購入の際に信販会社やディーラーのクレジットを利用してで購入された方はの中には、名義が信販会社やディーラーの会社名義になっている方もあると思います。

 

自分名義のの場合ですとローン中、ローン残のある軽自動車の売却は問題なく行うことが出来ますが、名義が信販会社やディーラー名義など自分以外の場合は、自分名義に変更しなければ売却することが出来ないです。

 

名義が自分でない場合は、信販会社、ディーラー会社名義になっている場合、いったんローンを完済する必要があります。一度ローンを清算して保有者留保の手続きをしてかでないと売ること、売却することはできません。

 

軽自動車の場合、ローン残の金額もそれほど高額になることもないのでローン清算、保有者留保もそれほど難しくないと思います。

 

ローン中、ローン残のある軽自動車の売却方法は以上のパターンになると思いますが、売却後にローンが残ることもありますので少しでも高く売ることも重要ですよね!

 

軽自動車は、中古車市場では需要が高い車種も多くローン中の軽自動車なら年式も新しいと思いますので高く売ることが可能です。ディーラー査定よりも車買取業者や中古車販売店などの方が高値の査定が出来すと言われています。
そこで当サイトでは、軽自動車を高く売る方法として車買取一括査定サイトをおすすめしています。特に軽自動車の買取に強い車買取一括査定サイトを掲載していますのでよろしければ一度、愛車の買取相場を知る為に利用しても良いと思いますよ!

 

軽自動車の買取に強い車買取査定サイト